2016年07月27日

「Hearthstone: Heroes of Warcraft」

ここまでの連載では,主にラダーにおける勝ち方について紹介してきた。だが,「Hearthstone: Heroes of Warcraft」(PC / iOS / Android)の魅力はラダーだけではない。海外,そして国内でも,ユーザーあるいは企業が主催する大会が月に何度か開催されており,その気になれば誰でもエントリーが可能だ。
 誰だって最初は初心者。大会もまた然りである。筆者だって右も左も分からない状態で大会に飛び込み,結果多くのプレイヤーと知り合い,交流の輪を広げることもできた。なかには大会というだけで尻込みしてしまう方もいるかもしれないが,大会に出ることでさらにHearthstoneを楽しむことができる。

 大会を勝ち抜くと,各季の日本選手権に参加するためのWCTポイントを獲得できる。そして,その日本選手権で優勝すれば,アジア太平洋選手権への挑戦資格が与えられ,さらにそこで優勝すれば,アジア太平洋地域の代表選手として,栄誉ある世界選手権に出場できるわけだ。2015年の世界選手権では日本のKno選手が出場し,ベスト4に入るという健闘を見せたことは記憶に新しい。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。