2016年09月10日

Dell S2417DG

 Dellが,ゲーマー向けディスプレイ市場へ還ってきた。
 明確にゲーマー向けとされる製品は,2010年国内発売の「ALIENWARE OptX AW2310」しかなかったDellが,6年ぶりの新製品「S2417DG」を国内発売したのだ。

 発表時のニュース記事でもお伝えしているように,S2417DGは,24インチワイドで解像度2560×1440ドット,垂直リフレッシュレート144MHz対応で「オーバークロック」なら最大165Hz設定も可能なTNパネルを採用し,中間調(Gray-to-gray)の応答速度は1msを実現。さらにNVIDIA独自のディスプレイ同期技術「G-SYNC」にも対応と,相当にコアゲーマー向けのスペックを持っている。
 「Dellブランドらしく,万人向けを狙いつつ,ゲーマー向けの要素も足した製品」と思っていると足下を掬われるというか,同価格帯にある他社のゲーマー向けディスプレイと比べても遜色のない本気度が感じられると述べていいように思う。

 では,S2417DGという「Dellのゲーマー向けディスプレイ」は,実際のところ,どこまでゲーマー向けなのだろうか。今回4Gamerでは,Dellの日本法人であるデルから短期間ながら実機を借りることができたので,気になる性能に迫ってみよう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。